建設業界のDX化が進まない理由と最近の対策

この記事は以下のような人におすすめです

・建設業界の問題点に取り組んでいきたい
・DXって何?
・ブラニュー会社の具体的なサービス内容について知りたい

建設業界は様々な業界の中で最もデジタル化が遅れていると言われており、現場でも様々な手作業が多くなっています。
現場の職人の経験と勘に依存している部分や、デジタル設備のない現場での作業が非常に多いことなどがその要因です。
従来から建設の世界では多くの職人が自分自身の様々な経験を生かした仕事の進め方を行っており、これを後進に指導する場合でも、丁寧に教えるのではなく自分自身の仕事ぶりを見せて覚えさせるといった方法を伝統的に行い続けてきました。
そのため、個人の技量の差が激しく、またこれを誇りとしていた部分があったため、その情報展開が著しく遅れていた現実があります。

後藤氏に聞く!ビル管理をするときに知っておくべきこと

経済産業省がそれぞれの業界のDX化の推進を進めている

自分自身で習得した技術を第三者に教えることに抵抗を持ち、また第三者の力量を信頼していないといった風潮もあるため、その技術継承が上手に進んでいないといった実態もあるのです。
しかし最近では経済産業省がそれぞれの業界のDX化の推進を進めており、将来的にはデジタル技術を導入した様々なビジネスの進め方を提唱しています。
ブラニューなどもこの建設業界のDX化に積極的で、サービスを展開しています。
このDX化を進めないと様々な面で大きな問題を生じるとも示しており、建設業界にとってもこれは大きな課題となっているのが実情です。
その他の業界では、IT技術等の導入により様々な業務革新が進められてきました。
これまで営業マンが個人で培ってきた様々な営業情報を水平展開することで、これらの情報を営業マン同士が共有し、効率的な営業戦略を打ち出せるようになったことから、その効率が格段に向上しています。
また技術面でも平準化が進み、これまで職員の技術に頼っていた様々な作業がデジタル技術の導入によりシステムの自動化に反映され一律的に行われるようになりました。
しかしこれらはデジタルシステムが導入できる企業内や工場内の中で閉塞しているものであり、建設業界のように現場での作業が主流となり、かつ様々な業者が連携して作業を行う中では、その導入が非常に難しいと言う側面があったのです。

建設業界でデジタル化が進まない要因

建設業界でデジタル化が進まない要因には、この様々な業者が連携して作業を行うと言う面が大きく影響しています。
基本的な作業の仕様は水平展開されているものの、様々な詳細の内容は企業秘密となっている部分もあり、これをデジタル技術を用いて水平展開する事は企業情報を公開することにつながるため、多くの会社はこれまでその情報の公開を渋っていた部分があります。
デジタル技術を用いる事はこれらの情報を詳細に示し連携することにつながるため、作業効率や作業精度は格段に向上する事は分かっていても、それぞれの企業の情報管理の面から簡単なことではありませんでした。
これらの企業同士の確執も、デジタル化を阻んできた大きな要因となっています。
その中で近年ではDX化を意識した様々な施策が行われており、その1つはすでに実用化され多くの企業が利用するものとなっているのが特徴です。
建設業界では複数の企業が連携して様々な業務を行う仕組みとなっており、これがデジタル化を阻んできた1つの大きな要因となっていますが、逆に様々な業務を行う際に必要な技術を持った会社を見つける事は簡単なことではありません。
特に新たな仕事を請け負う際には、その仕事を行うことができる技術を持つ会社を探さなければならず、自らの会社の交友関係だけでは満足できないものも多くなっているのです。

近年ではインターネットのインフラが整備される

このような場合にデジタル技術を用いて自らの様々な技術を公開し、業務連携を促進するシステムが生まれており、これが広く利用されています。
これを利用することによって自らの仕事に対して不足する技術を持つ企業を簡単に検索し見つけることができることで、その仕事を獲得することができる可能性が高まるものとなっています。
さらに近年ではインターネットのインフラが整備され、様々な場所で接続をすることができるようになりました。
またスマートフォンやタブレットなどの普及により、現場でも即座に情報が入手できる仕組みが整っています。
このインフラを利用し、様々なデータをあらかじめサーバに登録しておくことで、現場で図面を持ち歩くことなく必要な部分の確認を即座に行うことができるのがポイントです。
同時にこれまで現場の確認写真を撮影し、これを持ち帰ってから事務所で整理をし報告書を記載すると言う手間が発生していましたが、現場で撮影した写真をその場でサーバに送信し、様々な記録を現場で書き添えることで迅速な報告書作成や管理資料の作成が行えるようになりました。

まとめ

このような建設業界の業務の進め方の実態に即したデジタル技術の導入が始まっており、これらの技術がさらに進歩することで、新たな仕事の進め方が次々と生まれることが期待されています。
これまでなかなかデジタル技術の効果的な利用方法が見出せなかった業界ですが、今後は現在の業務上の問題点を解決する形でDXが進むと考えられており、その特性を生かした問題解決に尽力するものと期待されているのが特徴です。