神社が魅力的な理由やその歴史などを見ていく

「神社の歴史が気になる」
「神社がなぜパワースポットと呼ばれているか知りたい」
「神社本庁ってどこにあるの?」

日本にはたくさんの神社がありますが、どこからスタートしたかは明確なことがわかっていません。
つまり歴史書車などを見ても、古事記や日本書紀の世界までに遡らないとたどり着けないことがわかっています。
少なくとも、2000年以上の歴史があると言われており、世界最古の国である日本としては、かなり誇らしい歴史と言っても良いかもしれません。
そのような歴史がある国の中で神社と言うものはずっと継承されてきました。
普通の国であれば、文化が途中で途絶えると言うことが度々あり、昔は神社と言うものがあったと言う人もいるかもしれませんが、実際にそのような事はなく今でも受け継がれています。
しかも日本で1つか2つしかないのではなく、全国で数えることができないほどたくさんあり、必ずどこの市町村にもあるのが特徴です。

【保存版】幼稚園と保育園、認定こども園の違い

神社が必ず市町村に1つや2つある理由

このような歴史の中で、なぜ必ず市町村に1つや2つあるのかと言えば、これは江戸時代の考え方がずっと残っているからです。
江戸時代は、仏教を受け入れた時代と言われていますが、その傍ら昔から日本神道の考え方があり、神社もそこに属するものと考えられているわけです。
仏教を深く入れたと言う事は、外を排除することになるわけですが、徳川幕府はうまいことどちらも共存させるように工夫しました。
つまり、両方とも必ず1つの村に置くようにと言う指示を出したわけです。
そのため今ある携帯の多くは、江戸時代までさかのぼると言われており、かなり古い歴史があることがわかっています。
少なくとも150年あるいは200年といった歴史があるものも少なくありませんが、そのようなところには、かなりのパワーがあると言われているほどです。
パワーといっても権力的なものではなく、人間に勇気を与えてくれるあるいはポジティブな力と言う意味です。
実際に、10年以上前からパワースポットと呼ばれるところは多く存在しており、例えば東京でも有名なところに行くとそこでエネルギーが溜まっておりありがたいエネルギーを受け取ることができるようになります。

【関連】神社についてより深く知るため、神社本庁の役割や取り組みについて解説しています。
神社本庁に属さない神社

滝の近くはマイナスイオンが充満している

普段仕事で使えているサラリーマンなどでも、そこからエネルギーを受け取ることで、エネルギーを補充し次の月曜から再び頑張れると言うわけです。
同じような場所は、滝の近くにもあると言われておりマイナスイオンが充満していることから、パワーをもらうことができると言われているほどです。
どちらも、非常に魅力的で両方とも1日のうちにハシゴするような人もいます。
実際に境内に行く場合には、神様がいる場所として知られており、しっかりとした格好で行かなければいけません。
特にしっかりと化粧する必要などもなく、スーツなどで行く必要はありませんが、なんとなく軽い気持ちで行くよりは気持ちを整えてから行くことが重要になります。
神様に直接接することができるような場所として知られていますが、やはり角兄弟ともそのような雰囲気があるので不思議です。
絶対に神様を見ることができないような作りになっていますが、それがまた魅力の1つと言えるかもしれません。
男性だけでなく、女性の中に神社巡りをしている人も少なくありません。
なぜそのような中神ができたのかを明確ではありませんが、静かな雰囲気を好む人にとっては魅力的な場所であることは間違いないといえます。

境内に入った途端、少し緊張感があり空気が漂っている

境内に入った途端、少し緊張感があり空気が漂っているのがわかるはずです。
緊張した空気というかリラックスした空気のような合わせたものがそこにあり、その外の世界とはまた違った雰囲気があるわけです。
カラーで言えば、そこだけカラーが違うような感じに感じても不思議ではありません。
境内には巫女さんがいるところも多く、いないところもありますがある程度中規模から第一号のところは必ずと言っていいほど美子さんが在住しています。
神主さんも常駐しているところもあればしてないところもあり、完全に独立しているような場所は誰もいないケースが多いです。
そのようなところはあまり積極的に訪問する人が少ないですが、御朱印巡りなどをする場合には、やはり御朱印が売られているところに回るといった形になります。
1つ行くと2つ目が欲しくなり、そしていくつも欲しくなるから不思議です。
そして、それを集めることで雑念がなくなるような気持ちになるのが不思議でしょう。
普通は、ものを集める場合には雑念のようなものが出てくるかもしれませんが、それがなくなるような気持ちになるわけです。
この矛盾した感覚が、なんとも心地よいと言えば心地良いのかもしれないです。

まとめ

うん気をアップさせる所として知られていますので、最近あまり良いことが起きていないと感じた場合は、いちど訪れてみるのが良いかもしれません。
訪れるときには、しっかり礼儀作法を身に付けておくことです。
何より魅力的なのはやはり、誰でも入れるところかもしれません。
子供の頃から神社の境内の近くで遊んでいた人も多いかもしれませんが、このように身近な子供の遊び場になっていることも、なんだか良い雰囲気がある証拠ともいえます。