【解説】ガス給湯器の交換目安について

「ガス給湯器の歴史について詳しく知りたい」
「ガス給湯器ってどれぐらい持つの?」
「ガス給湯器の交換を考えている」

ガス給湯器とは、ガスで水を沸かすものであり、いわゆるお湯を簡単につくれるものです。
昭和30年後半から団地が次々に造られたときにキッチンに給湯器が設置され始めました。
当時はお湯をつくると言えば、薪で火を沸かす、あるいはガスで直接つくるものでした。
特に鍋やヤカンに水を入れて沸かすとなると、少々手間がかかるものでしたが、給湯器の場合はボタン1つで瞬時にお湯になるということで画期的だったのです。
またお風呂のお湯も沸かせるということで、当時五右衛門風呂が当たり前の時代であったため、これもボタン1つの作動でつくれることが驚愕のものになっていました。
まさにガス給湯器はテレビやクーラーと同じように時代を変えた品物であったのです。

現在のガス給湯器の寿命

今ではガス給湯器を使っているところがほとんどで、かなり進化したものになっています。
時間設定から溜め込む寮まで、実に様々な要素を取り入れておるので、進化には驚くものがあります。
年々、コストダウンもしているため、安くで購入できるようになっています。
安全性も充実しており、ガス漏れで事故といったことはかなり少なくなりました。
改良されたからといっても寿命があります。
通常、今のガス給湯器の交換は10年くらいと言われています。
性能が高いのになると15年くらいです。
寿命が近づいてくると、温度の割には低かったり、がたがた音がしたりしますから、長く使っている家ではくだんのようなことに留意していた方がいいかもしれません。
10年以上使っていれば年1回専門の方に診断してもらうのがいいのは当然です。
故障してしまうと、しばらくお湯を使うことができないばかりか、事故になりかねないからです。
専門業者は給湯器の寿命を察することができますから、診断してもらうのがいいでしょう。

参考記事:ガス給湯器の交換はどこに頼む?おすすめの安い買い替え業者

事故がまったくない

家電屋さんには便利なものもありますし、小型化されて容量もかなり入るものがありますから、家電屋である程度も目星をつけておくものいいです。
故障の前兆が見られるようであれば、すぐに交換をお願いしたほうがいいようです。
交換するときに時間はあまりかかりませんから、すぐに修繕できますので安心して任すといいでしょう。
今後もガス給湯器の進化は続いていきます。
やはり一番大切ななことは、安心できること、つまり事故がまったくないことんなのです。
昔のものは不具合によって一酸化炭素中毒で亡くなる方か多いでしたが、今ではほとんど耳にしなくなりました。
このことは給湯器の改良が施されているからなのです。
改良されて、かつコストが下がってきたためどこの家庭にも普及していったのです。
今では便利さといった次元を超えたものになっていますから、ボタン1つで作動がどうこうということではなく、いかにして便利さを有効活用するかといった世界になってきています。

この世において給湯器の存在は大きなものがある

給湯器に限らず、便利さを追求すればするほど、他の次元のことを考えてしますのです。
便利さに慣れてしまい、次の世界への自己投資をなげうってしまいまいます。
人によって考え方や価値観は違いますが、人間の考える根本的なものは共通していますから、ほとんどの人がそのように考えてしまします。
逆な立場から勘案すると、便利さの反対方向に興味を持つ方も増えています。
薪に火をおこしてその火を活用としていくことです。
炎を見ているだけで快適空間に入るこむ人も少なくないようです。
快適空間であるから、それを見つめているだけで心が満たされていくのです。
給湯器の登場が要因になっていますから、もしこの世に給湯器がなかったら、炎を見つめるようなことはしないのかもしれません。
やはりこの世において給湯器の存在は大きなものがあるようです。
1つの存在が時代を変えると同時に、人の心までも変えてしまうから不思議なのです。

給湯器が便利で安全というのは今の時代では当たり前

そのような事例を挙げるとまさにキリがないの一言になります。
人によって価値観は別として、ある1つの存在が大きく人の心を揺り動かすから興味があるのです。
まさに心理学ではこのような事例を挙げて紹介する勉強会があります。
1つの大きな存在はまさに身近にあったのです。
身の回りを見てみると、そのようなる類似したような存在感がたくさんあります。
給湯器が便利で安全というのは今の時代では当たり前のことであり、使っていることが当然でありますから、興味はない方も多いかもしれません。
物には究極を求めるが魅力あることであり、使ってくれる人が多いほど価値も上がってくるものです。
どのようにして使うというよりも、その物自体をじっくり考えてほしいのです。
そのうちにその物についての考え方もずいぶん変わってくるはずです。
そのような考え方をしていれば認知症予防になるばかりか、人とのコミュニケーションづくりも大いに役立ってきます。

まとめ

まさに自分を成長させてくれる一品だと思ってもらうといいでしょう。
給湯器1つを取ってみても、考えることや、興味ある方向性を示していくかもしれません。