番組コーディネーターを目指すためにはどうすれば良いのか

ADを始めとし、ディレクターやプロデューサーなど、テレビ業界で必要な職業は数多くあります。
それ以外にもテレビ番組に関わる仕事はたくさんありますが、その一つに番組コーディネータ―が挙げられます。

番組コーディネーターとは

番組コーディネーターは、番組制作に必要となるものを準備することが仕事です。
仕事のほとんどは、撮影場所や取材の対象の選択、また現地スタッフや機材の手配など様々です。
撮影のネタを考える人がいたとしても、その撮影を行うためには許可を取らなければならず、コミュニケーション能力も必要です。
リサーチ力や綿密さなども求められ、アレンジする力なども求められます。
さまざまなジャンルで番組コーディネーターは活躍をすることができますが、ドラマや情報番組、ドキュメンタリーやバラエティまで、その活躍は多岐に渡ります。
それぞれのジャンルにおいて、仕事内容はやや異なる点もありますが、撮影を行うための準備ということについては、どれにおいても同じと言えるでしょう。

フットワークも軽くなければならない

番組コーディネーターは、撮影が終わるまで、どうすれば効率よく進めていくことができるのか、また企画に関してもアレンジをする力が求められます。
そしてフットワークも軽くなければならないでしょう。
現地に出向き自分の足でリサーチを行う、撮影許可をとるなどのように、きめ細やかな工程を組み立てていくことが求められます。
撮影許可をとる以外にも、現地の歴史や文化、風土、また生活習慣なども把握しなければなりません。
海外の番組コーディネーターの場合には、様々な仕事が求められるため、経験も重要です。

テレビ局や番組制作会社に就職をするのが一番の近道

近年では海外ロケにあたっては、現地のコーディネーターに任せることも一つの手段となります。
番組コーディネーターを目指すのであれば、まずはテレビ局や番組制作会社に就職をするのが一番の近道です。
やや遠回りですが、旅行会社に就職することも一つの手段と言えるでしょう。
日本は取材が多い国であり、仕事としてもちろん成り立ちますが、海外だと副業で働いている人も多く見られます。
このような場合には、過去にどれだけの実績をあげてきたのか、また口コミなども参考となります。

まとめ

番組コーディネーターは、テレビ番組は広告関連棟天疱瘡関連などの仕事として非常に注目を集めていて、この仕事を目指すための専門学校や大学選びからスタートするのが重要です。
コミュニケーション能力も求められることから、自分なりに幅広い人たちと関わりを持つことが重要です。